子どもの栄養不足の影響は?不足しやすい栄養の補給はサプリがおすすめ

子ども 栄養不足

最近の子どもたちは、カロリー過多なのに特定の栄養が不足しているといわれます。それが「新型栄養失調」と呼ばれるもの。不足しやすいのが、ビタミンB群・鉄や亜鉛などのミネラルです。体の調子を整える栄養なので、その不足は体調不良や成長の遅れにつながることがあります。子どもの場合、体調不良を招くだけでなく、それが原因で不登校へとつながることも。

 

栄養不足が心配なパパママの強い味方が子ども向けの栄養補給サプリ。不足しやすい栄養の補給を考えて作られているので、欲しい成分がバッチリとれます。飲みやすさが工夫されているので、偏食で続けられるか心配という方にもおすすめです。当サイトでは、厳選の子ども向け栄養補給サプリをご紹介しています。毎日の食事が炭水化物ばっかりだなぁという方、この機会に始めてみませんか?

 

ノビーノ21種のやさいの特徴

野菜嫌いな子どもでも、お菓子みたいに美味しく食べられるサプリです。子どもが苦手なセロリや人参をはじめ、青汁でもおなじみの大麦若葉など21種類の野菜粉末が入っています。ビタミンA・B群・C・D・E、βカロテン、鉄や亜鉛など豊富なミネラルがしっかり。それなのに子どもが喜ぶミックスフルーツ味という点が嬉しいところ。1日4粒がめやす。ラムネ菓子のように噛むか、舐めて溶かしてどうぞ。幼児食研究家の管理栄養士が総合監修。

価格 990円
評価 評価5
備考 1日4粒めやす 21種類の野菜粉末

 

AFCキッズサプリの特徴

実際の親子に試食・アンケートして生まれたサプリです。子どもに摂らせたい、乳酸菌、DHA、カルシウム、鉄、野菜をしっかり配合しています。野菜は国産の緑黄色野菜をブレンドした、野菜パウダーを使用。1日めやす3粒は、ラムネ菓子のように噛んで食べられます。子どもに人気のパイン味を採用。保管しやすいボトルタイプです。日本予防医学研究所との共同開発。

価格 1,800円
評価 評価4
備考 1日めやす3粒 国産の緑黄色野菜

 

アスミールの特徴

子どもの栄養バランスを考えたドリンクタイプのサプリです。ビタミンB群はもちろん、成長に嬉しい亜鉛や鉄、カルシウム、アルギニン、プラセンタなどの成分を配合。スプーン2杯を冷たい牛乳100mlで溶かすだけ。1日1杯で栄養素の約80%が摂れるので、食事では不足する分をしっかり補えます。牛乳嫌いでも飲みやすいココア味。栄養機能食品です。

価格 2,050円
評価 評価3
備考 1日1杯 ドリンクタイプ

 

子どもの栄養不足の原因は?

 

最近は栄養失調に陥る子どもが増えてきています。日本は今飽食の時代にも関わらず、栄養不足の子どもたちが増えてきていますが、その原因には一体何が挙げられるのでしょうか?食べ物がたくさんあるからといって、全ての子どもたちのお腹が満たされるとは限りません。一日3食食べているにも関わらず、実は栄養失調に陥っている人たちもたくさんいます。

 

●栄養失調の子どもに現れやすい
本来栄養失調とは摂取カロリーが極端に少ない状態の事を指しています。現代における栄養失調は、カロリーは十分に足りているのに栄養バランスが偏っていて、栄養不足になっている事も十分あり得ます。普通の栄養失調と比較してみてこれは「新型栄養失調」と呼んでいるものです。長時間に渡って栄養失調が続いてしまうと、身体的にも精神的にも様々な悪影響を及ぼし、次のような症状が出てきてしまうでしょう。

 

●新型栄養失調
戦後国が豊かになった事によって食卓にも様々なおかずが並び、栄養失調なんてなるはずがないと感じるかもしれませんが、今の時代の子どもたちに多く見られるのが「新型栄養失調」です。新型栄養失調とは3食きちんと食べているはずなのに、必要な栄養素が不足している状態です。この原因は昔よりも共働きの家庭が増えている事による食事の簡素化にあると言えるでしょう。ファーストフードやインスタント食品、菓子類の摂取量の増加による栄養素の偏りも背景にあります。

 

●発達が遅れてしまう
成長期のお子さんは大人と比べると、たくさんの栄養素を摂取しなければなりません。身体の形成に必要な栄養が足りていないと脳の発達が遅れてしまう事もありますし、身長がなかなか伸びずに減量していく事もあり得ます。栄養失調の度合いは一生障害が残る事もあるでしょう。新型栄養失調はたんぱく質の一種である「血清アルブミン」の不足によって起こってしまいます。タンパク質は骨や筋肉などの組織を構成する主成分なので、欠乏すると成長不良の要因となってしまいます。燃料不足になっているという事です。

 

子どもの理想の栄養、食事量は?

 

幼児の理想の栄養や食事量について知っておくといいでしょう。幼児は身体の大きさの割には多くのカロリーが必要です。例えば3〜5歳くらいの子だと一日1200〜1400カロリーが目安でしたが、小柄な成人女性と幼児の必要栄養量を比較してみると、必要なカロリーとたんぱく質は幼児の方がやや少なめでも脂質は同じくらい必要です。炭水化物は幼児の方が少し多めがいいでしょう。

 

幼児の食事量は、大人の食事の半分強くらいが目安です。あくまでも大よその目安であり、2歳になってから減ってしまうかもしれないですし、6歳なら大人と同等食べることもあります。何と言っても必要な栄養量は子どもの活動量に左右されてしまいます。たくさん食べたがれば制限する必要はないですし、あまり食べなくても順調に成長していれば心配する必要はありません。幼児は大人のようにがっつりと魚や肉を食べたがらない事がありますが、多くのカロリーが必要なわりにはたんぱく質は少なめなので心配しなくてもいいでしょう。

 

●1〜2回与える
間食には乳製品や豆乳製品、果物、おにぎり、パンなどを1〜2回ほど与えてあげます。もちろんプリンやクッキーなど、いわゆるおやつを適量与えてみてもいいでしょう。食事で肉や魚を好まない子には、おやつでたんぱく質が豊富なチーズやヨーグルトなどの乳製品、ピーナツバターや大豆菓子などの豆・ナッツを与えるなどで工夫します。栄養の補給源としても幼児に役立つでしょう。ご飯の食事量は親の半分より少し多いくらいで、間食で炭水化物の多い果物やパン、たんぱく質の多い食材をつけ足せば自然と幼児に必要な栄養素が摂取出来るはずです。

 

●食事バランスは大人と同じでいい
基本的には大人と同じような食事をするといいでしょう。幼児のために特別な食事をとらないようにします。食事の準備が大変なだけでなく、偏食原因になる可能性が高いからです。辛いものや特殊なものを除き、幼児にも大人と同等の量を与えてあげるといいでしょう。塩分が高いから子どもに食べさせたくないと思うのは、食卓から省くか回数を減らしましょう。成人と幼児の食事バランスの主な違いは、トータルの食事量とたんぱく質です。

 

子どもに不足しやすい栄養は?

 

子どもに不足しやすい栄養には何があるのか知っておきましょう。

 

●鉄不足になりやすい
鉄は血液に関係している栄養素であり、鉄分不足になってしまうと貧血やめまいなどの症状が出てきてしまいます。子どもの場合は朝礼で倒れてしまう事もありますが、これも鉄分不足の証拠となります。ただの貧血だと思っていると鉄欠乏性貧血である事もあるので、特に女の子は注意した方がいいでしょう。効果的な鉄分の取り入れ方としては、お茶を飲む・レバーを食べるなどが代表的です。しかし子どもの場合は「レバーが嫌い」という事も多く、鉄分を摂取させるのは一苦労なので、サプリを使う工夫もあるでしょう。

 

●カルシウム
子どもが一番不足しやすいのは「カルシウム」です。カルシウムと言えば一般的なイメージ通り歯や骨を作る時には欠かせない栄養素で、不足してしまう事で身長が伸びなくなり、あごがスカスカになってしまう事もあります。数々の弊害の恐れもあるでしょう。日本の野菜には、土壌の関係からカルシウムが含まれているものも少なく、それなりの野菜を食べさせていてもどうしてもカルシウムが不足してしまいがちです。子どもは特に不足しがちでしょう。大人でも足りていないとされています。そんなカルシウムを摂り入れる方法の代表例は「牛乳を飲む」ことです。その他にはチーズを食べる、カルシウム入りのココアを飲む事でも十分解消出来ます。

 

栄養をとればとる程いいものと思っていませんか?大事なのは継続してバランスよく栄養をとる事です。「バランスよく」と言われても分かりにくいという人も多いでしょう。この場合は毎日の献立をチェックする事から始めてみましょう。目安としては3日分、一週間分の食事を朝昼晩で記録していき、それぞれどのような食材を使ったのか、栄養バランスはどのようになっているのか知る事が大切です。

 

子どもが栄養不足になると、どんな影響があるの?

 

最近は飽食にも関わらず、栄養不足に陥る子どもたちが増えてきています。しかし栄養不足になった子どもたちには何かしら影響が出てきてしまいます。どのような影響が出てきてしまうのでしょうか。

 

●栄養不足だとなりやすい症状
・ハリ不足
・疲れやすくなる
・爪が上向きになってしまう
・下痢
・体温の低下
・未発達

 

●たんぱく質不足で成長が遅れてしまう
人間は生命をキープするためにもエネルギー消費を続けています。しかし栄養不足になってしまうとエネルギー不足となってしまうので「疲れやすい」などの症状も出てしまうでしょう。発達が遅れてしまうのは、栄養不足のお子さんによくある特徴です。栄養不足だと身長や体重が年齢と共になかなか平均値に近づいていかない事もあり、親御さんも心配しています。これは栄養不足によって皮膚や血液、髪を作るたんぱく質や骨を作る成分が欠けてしまうからでもあります。

 

●炭水化物中心からたんぱく質中心の食生活に切り替える
最近は炭水化物中心の生活を送る人たちが増えてきています。そのためミネラルやたんぱく質、ビタミンも不足しがちです。これらも必要な栄養素なので、炭水化物ばかりに偏らず、副菜や主菜も同時にとるようにしてビタミンやたんぱく質、ミネラルも補っていくといいでしょう。

 

●栄養不足にならないようにするために
・たんぱく質を補う
・栄養バランスを考慮して食事を考える
・ジャンクフードを食べ過ぎない

 

子供時代はジャンクフードにハマってしまう人も多いでしょう。中には普通の食事は一切摂らずにジャンクフードを食事代わりにする子もいます。ジャンクフードとはフライドポテトやバーガーなど高カロリーで栄養素が低いものです。カロリーや脂質は高いのでエネルギー源にはなるでしょうが、ビタミンやミネラル、たんぱく質や食物繊維は豊富だと言えません。脂肪分ばかりたくさんとってしまってもそれは健康的だとは言えないいでしょう。といってもジャンクフードを我慢させるとお子さんもストレスがたまってしまうかもしれないので、毎日食べないようにするだけでも違ってきます。

 

●甘いものを摂りすぎないこと
たとえ甘いものを食べても、お腹が空いた時にスナック菓子や菓子パンばかり食べてしまうお子さんもいます。そのようなお子さんは甘い物の取り過ぎになってしまうでしょう。あるいは食事として菓子パンやお菓子をご飯にする子たちもいて、これらの糖質の多い食品は結果的に低栄養素となってしまいます。

 

子どもの栄養不足対策に子ども向けサプリを!

 

子どもの栄養不足を克服したいのであればサプリメントがおすすめです。子どもたちの身体は、大人の3倍の作業を行っています。子どもは栄養を生活環境に適応するために使うと共に、身体の機能や臓器生成、成長のためにも使っているのです。子どもたちの身体は精神的、肉体的、感情的にも人間として成長する建設途上にあります。この建設途上にある子供たちに十分な必須栄養素を供給する事は、健全な身体の育成を助け、子どもたちへの将来の人生の基盤になる上で非常に重要です。

 

健全な身体の成長、強い免疫機能、健全な感情、活力ある精神の育成には、必須栄養素が重要な役割を果たしていることを多くのリサーチが証明しています。現在多くの子どもたちの健康や免疫力が下がっている理由の一つは、子供たちの食事に含まれている栄養不足と、食と環境のクオリティ低下だと言えるでしょう。これらの重要な要素が不足してバランスが崩れてしまうと、免疫機能の症状や精神的、身体的、感情的な症状が出てきてしまいます。

 

風邪もひきやすくなりますし、アレルギーや喘息、情緒不安定なども例として挙げられるでしょう。これらの症状は身体が正常に動いていないという信号としてとらえられます。子どもの栄養不足を何とかしたい時にはたんぱく質や脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの無機質がバランスよくかつ質の良いものを摂り込まなければなりません。

 

加工食品の増加や食生活の多様化によって、現在はそれらの良質な栄養素も不足しがちになっています。栄養素の中でも「必須栄養素」と呼ばれているミネラルやビタミン、必須アミノ酸、必須脂肪酸などは体内でも製造出来ないので、日常的に食品から摂取する事になります。

 

必須栄養素は筋肉や臓器、免疫、脳などの原材料、その構成に必要な栄養素なので、身体を形作る成長期にある子どもにとっては特に重要です。もちろん普段の食事だけでこれらの栄養素が十分に補えていればそれに越した事はありませんが、栄養バランスの摂れたバラエティ豊かな食材を使った食事を準備する事は決して簡単ではありません。そのため時間や手間を省くためにもサプリメントを活用するといいのです。